読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍋ダイエット.com

様々なダイエットを繰り返し摂食障害を経て最後に辿り着いたのが鍋料理でした。鍋料理を中心にダイエットなど健康をテーマにしたブログです

食べれば食べるほど痩せる!?数年前大ブームとなった脂肪燃焼スープをアレンジ!

今日のテーマ:デトックストマトスープ

数年前、食べれば食べるほど痩せると大ブームになったダイエット法を覚えていますか?

 あれです。「トマトスープダイエット」です!!

 別名「脂肪燃焼スープダイエット」と呼ばれて、

当時は、雑誌やテレビでたくさん特集を組まれていた記憶があります。

 方法は玉ねぎやキャベツ、セロリなどをたっぷり入れたトマト缶ベースのトマトスープをメインに、

決められたスケジュールで決められたものを1週間食べていくという方法。

こちらに詳しいやり方が載っていますので、気になる方はご覧下さい。 

matome.naver.jp 

当時の私も例に漏れずこのダイエット法にチャレンジしていました。

ですが、食事制限がキツくて結局5日ほどで断念してしまったのを覚えています(笑)

その時は一時的に3.5kgくらいは痩せた記憶がありますが

その後3日で戻りました。

激しい食事制限の短期ダイエットは、

即痩せ即リバウンドが鉄則ですね!

個人的には、このなんとも言えないアメリカナイズされた食事メニューに疑問を持ち始めたのも挫折した大きな原因でした(笑) 

上記のスケジュール通りの食事制限はそれ以来全くやっていませんが、

メインのトマトスープ自体は、

すごく栄養が豊富でデトックスに優れているので、

現在は食べ過ぎたときやちょっと太ってきた時などに食べるようにしています♪

 

さすがに当時のレシピ通りの味付けだと物足りず、

たんぱく質もきちんと摂りたいので、

足りないなと思う栄養素や味を足して、自己流にアレンジしています。

 

 名づけて「デトックストマトスープ」 。

タレントのスザンヌさん、モデルの山田優さん、女優の藤原紀香さんや広瀬アリスさんなども、以前、雑誌やテレビなどで食べ過ぎた日の翌日や体型が気になった時に自己流トマトスープで調整しているとおっしゃっていてレシピなどを公開されていたので、美しい体型を保つことが仕事の方もお勧めしているスープなんです♪

 なにがそんなに優れているの?

 このデトックストマトスープが優れている点は、

 

①野菜がたっぷり摂れて栄養が豊富

②カロリーが低いのに満足感が高くダイエットに最適

③切って煮込むだけなので面倒くさがりも楽々

 

 私は、とにかく野菜を沢山摂りたいときに作っています。

具沢山でカロリーも低く満足感が高いので、

飲み会や外食が続いて明らかに洋服がキツくなった時に

置き換え食として食べたりもしています。

3日くらい夕食に食べていると本当に体型も体重も戻ってくるので、

緊急時の味方です!

また、身体も軽くなりニキビも治ります。

仕事が忙しい&超面倒くさがりの私でももう5年くらいは続けている習慣なので、

作る楽さと簡単さもポイントが高いです。洗い物が少ないのも嬉しい!

 どういう食材がいいの?お勧めの素材は旬のものと好きなもの

デトックストマトスープを作る上で定番となる野菜は、

キャベツ・玉ねぎ・ニンジン・セロリ。

セロリが苦手な方は入れなくても全然いいかと思います。

私の場合は、セロリは生で食べるほど大好きなので、

セロリの香りが欲しくて葉っぱも入れていますが、

苦手な方は入れない方が無難です。

代わりにローリエなどのハーブを入れて香りつけすると

満足感も高まると思います!

 私はニンジンはあまり好きではないので入れることは少なくて、

その分キノコ類を沢山いれています。

キノコは身体の中の掃除をしてくれるので、

デトックススープにピッタリです。

キノコは、しめじかマッシュルームを選ぶことが多いです。

洋風の味付けでもしめじは馴染むので、

是非試してみてください。

日本だとマッシュルームはちょっと高いので、

私の場合はしめじの方が登場率は高いです♪

あとは、時期によって旬なものを入れるのがいいかと思います。

旬の素材は価格も安く栄養も豊富です。

夏はパプリカやナス、ズッキーニ、冬はブロッコリーを入れたりすると、

季節感も感じられて栄養価もさらに豊富になスープになるのでお勧めです。

お野菜は、本当に自分の好きなものをメインに選ぶのが美味しく続けるコツになるので、色々試してベストな組み合わせを見つけてみて下さいね♪

だいたい5種類~多くても7種類くらいまでがいいかと思います。

個人的によくやる組み合わせは、

キャベツ・玉ねぎ・セロリ・しめじ・ブロッコリーの5種類です。

 野菜は、噛み応えのあるしっかりした大きさで切ると、

食べた時に満腹感が早く来ますし、満足感も高いです♪

f:id:musan0418:20161120132428j:plain

たんぱく質は重要!!お肉もしっかり入れましょう

以前トマトスープダイエットが流行ったときには、

スープにお肉は入れていなかったのですが、

たんぱく質は大切なので入れて下さい。

私が作る時は、基本は鶏胸肉を使うことが多いのですが、

鶏胸肉はパサつくのが苦手という方は鶏もも肉でもいいと思います。

ささみを入れる方もいらっしゃいます。

ただ、鶏もも肉にするならば、

一度湯がいていれるか

最低でも皮部分は入れない方がベターです。

鶏胸肉+鶏皮はすごくコクがあり美味しいですが、

もはやデトックススープとは呼べなくなってしまうので、

ダイエットしたいときには気をつけてください。

お肉を入れる時のオススメ調理法

まずフライパンに少量のオリーブオイルとにんにくのみじん切り(面倒な場合はチューブ使ってます)を入れて弱火で香りを出します。

十分に香りが出たら、

そこにみじん切りにした玉ねぎを入れます。

玉ねぎはやはり炒めて使うと甘みが出ますので、

他の野菜と煮込む前にみじん切りにして炒めておく方がいいです。

玉ねぎがあめ色になったらそこに一口大に切った肉を入れます。

そして、肉の表面に焼き色がついたらオッケーです!

 お水は少なめに。野菜の水分を飲むイメージです。

食材を切り終わってさぁこれから煮込むぞ!

というときに注意点がありまして、

水を入れすぎないようにしてください。

焦げない最低限の水でたっぷりの野菜をコトコト煮込んで下さい。

野菜から水分がたっぷり出るので、あまり水を入れすぎると、

具材の割にスープが多くて、結果スープを捨ててしまうことになります。

このスープには野菜や肉の栄養分が溶け出ているので、

なるべく全部食べないともったいないのです!!

ですので、最低限の水で煮込み始めて、

後から少ないようならちょっとずつ足すようにしていきます。

 味付けはどうする?

私は、トマト缶をベースに

基本はブイヨンで味をつけています。

さらにニンニクショウガを加えると、

味にパンチが出て飽きずに食べられます。

栄養面でも、身体を温めて代謝が上がり、

よりデトックス効果がアップします♪

 

20分ほど煮込んだら、こんなにかさが減りました。

f:id:musan0418:20161120132717j:plain

これを毎日夕食のメインに食べるだけで、

3~4日で自然と体型も体重も戻ってくるので、

暴飲暴食が続いて太ってしまい困っている方は試してみて下さい。

その間は夕食時になるべくアルコール炭水化物を控えていただくことをおすすめします

私の経験上、アルコールや炭水化物を摂ってしまうとと、

戻るスピードが明らかに落ちます。

こちらにデトックススープと一緒に食べるのに

オススメなヘルシーなおかずメニューを紹介しておりますので、

スープだけでは満足できない方や飽きてしまった方には

是非参考にしていただければ幸いです。

musan0418.hatenablog.com

暴飲暴食してしまった時は、自暴自棄にならず、

まずは出来ることを実践してみましょう。

少し食べ過ぎたくらいなら、そんなに急に太ることはありませんが、

諦めて続けていると加速度的に体重が増えていきます。

色々と試してみるうちに自分の身体に合う調整方法が見つかります。

そうすると、すごく楽になりますよ。

見つけるまでは少し苦しいかもしれませんが、

無理をせずできる範囲で楽しんで試してみてくださいね♪