読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鍋ダイエット.com

様々なダイエットを繰り返し摂食障害を経て最後に辿り着いたのが鍋料理でした。鍋料理を中心にダイエットなど健康をテーマにしたブログです

ガツンとした味付けで男性も大満足!ニンニク塩バター鍋

今日のテーマ:バター鍋

 

 ●鍋スープ:にんにく塩バター鍋(クックパッドを参考に自作)

●カロリー:1人分約350kcal(〆なし)

●材料費:2人分約450円

●評価:★★★★(最大★5つ)

●オススメの〆:ラーメン

 

お休みの日はお酒でも飲みながらゆっくり鍋をつつきたいですよね♪

本日は、女性だけでなくあっさりした鍋が好きではない男性も大満足の

スタミナ鍋料理をご紹介します!

寒い冬に冷たく冷えたビールやチューハイと一緒に鍋をつつけば、

大切な人との仲が深まること間違いなしです♪

また、野菜を進んで食べないお子様も

この味付けならバクバク食べられると思います。

本日の鍋スープはこちらのレシピを参考にさせていただきました。

cookpad.com

cookpadで2,500件以上のつくれぽを誇る大人気レシピです!

にんにく塩バターという皆が好きな味を鍋に活用しています。

ご飯に合う「おかず」として、食べるのもいいですね。

使う食材も本当に家にある定番のものばかりなので、手軽に作れるのが嬉しいです。

本日使用した食材

鍋スープはレシピ通り。

具材は、鶏もも、キャベツ、冷凍餃子をチョイスしました。

今日は近所のスーパーで安かった鶏ももをメインにして、

キャベツをレシピより多めに入れました。

レシピでは、最後はポン酢につけて食べていますが、

私の場合はポン酢にさらにレモン汁を追加しました。

f:id:musan0418:20161115164230j:plain

鍋料理を食べていると、

よくレモンのサッパリした感じが欲しくなるときがあるので、うちではポッカレモンの1番小さいサイズのものを常備しています。

 レモンには、ビタミンCだけでなくクエン酸ポリフェノールなど、

身体に嬉しい成分がたくさん入っています。

特にクエン酸は身体の疲れを癒す効果脂肪燃焼効果も高いので、

現代人には嬉しいフルーツです。

www.pokkasapporo-fb.jp

ポッカレモンは保存料が無添加なところも嬉しいです♪

バターは少量使う分にはダイエットにも◎

バターと聞くと、カロリーが高く倦厭(けんえん)しがちですが、

今回は鍋スープに使用するだけなので、

〆にご飯を入れて食べなければそこまで心配しなくて大丈夫だと思います。

麺でもスープを飲み干さなければ大丈夫です。

むしろバターは芳醇な香りと甘みによる満足度が高いので、

適量使う分にはダイエット中の方にもオススメの食材です。

バターがダイエットにオススメな理由

私も昔はバターという名前を聞くだけで

「カロリーが高くすぐ太る」

というイメージを持っていたので毛嫌いしていた時期がありますが、

バターは良質なビタミン類が豊富に含まれているので、

皮膚や肌、爪、髪などを若々しく保つアンチエイジングの効果が期待できます。

ダイエット中は油を抑えすぎて肌がかさかさになってしまう例がよくあります。

バターはお肌を乾燥から守ってくれる強い味方です♪

また、眼精疲労にも効果が高いと言われているので、

パソコンやスマホを見る機会の多い現代人にはもってこいの食材なんですよ♪

f:id:musan0418:20161227085739j:plain

 

そして、バターの芳醇な香りと甘みは、

ダイエット中のストレス軽減に大いに役に立ちます

バターは少量でも十分に香りと甘みを強く感じる食材なので、

料理の香り付けに使うくらいの量でしたら、

そんなに心配しなくて大丈夫です。

少しもの足りない時やストレスを感じている時には、

料理に一切れバターを加えてみて下さい

格段にコクがアップして満足感が増幅し、

過食を抑えてくれますよ!

ちなみに、バターのカロリーは一切10gで約75kcalです。

 

 

バターに関しては、こちらのサイトが大変参考になります。

バターの低カロリーランキングが大変興味深かったです。

taspy.jp

 塩ニンニクバター鍋の味の感想

にんにくとバターの、

香り最強コンビが食べる前から食欲をガンガン刺激してきます。

バターのこってり感がビールやチューハイなどの炭酸とよく合うので、

お酒がどんどん進んでしまいました。

始めは脂っこすぎるかと懸念していましたが、

しっかりとアク取りをしていたのと、

ポン酢のほどよい酸味がうまくマッチしてとても食べやすかったです。

ポン酢につけることを考えたこのレシピの考案者の感性に脱帽しました。

1番驚いたのは、キャベツの美味しさです!

キャベツが甘くてとろとろで、想像以上に食べられるので、

最後はキャベツの取り合いになっていました!

ガッツリした風味と食べ応えに、男性も大満足です♪

私は炭水化物は食べませんでしたが、

お酒を飲まない人は、鍋をおかずにご飯を食べるのもよし、

〆が欲しい人は袋麺を入れて最後は塩バターラーメンにして食べると、

最高に美味しいと思います。

私自身は次はエリンギも入れたいと思ったのと、

男性からはジャガイモを入れて欲しいとのリクエストがありました!

こんな風に具材のことであれこれ話して盛り上がれるのも

鍋料理の大きな魅力の1つかと思います。

また作ってみたいレシピです。